ダイエットに失敗する女性

ダイエットはなかなか続かないですよね。私自信もダイエットしようと決めるのですが、なかなかうまく行きません。最近では本やテレビなどで話題となっている「腸活」というダイエットがイイらしいと聞いたので調べてみました。

ダイエット中にはおやつも食べて快便を実感

ダイエット中に食べるおやつには、整腸作用を促進させて、便秘を解消するための目的があります。さらに、足りない栄養を適度に補いながら、新陳代謝を高めて、痩せやすい体質に変化させるための目的も隠されています。最初の段階では、足りない栄養を把握して、旬の季節にも配慮して食材を選ぶことになります。

整腸作用を高めるためには、善玉菌の餌となる食物繊維が必要ですから、穀物や芋類を積極的に食べるようにします。サツマイモのお菓子は、ダイエット中には敬遠することがありますが、適度な量であれば有益な食材です。茹でたサツマイモをヨーグルトに混ぜて食べれば、食物繊維と乳酸菌を同時に吸収し、腸内フローラの状態を良くすることが可能です。

おやつとして和菓子を選べば、小豆や寒天に含まれる食物繊維のおかげで、整腸作用が活発に働きます。手頃な間食としては、一口サイズの羊羹を選ぶこともおすすめです。羊羹には寒天と小豆が一緒に含まれ、少ない量であっても満足できるコクがあります。軽いお菓子を選ぶ場合よりも、満腹感を得やすくなるメリットがあります。

快便を促進するために、抹茶を使ったおやつを食べることも、ダイエットのために有効です。抹茶が豊富に使われている羊羹を食べる場合には、非常に多くの食物繊維を吸収し、整腸作用が健全になります。脂肪分が多いケーキには、抹茶を豊富に加えれば、砂糖やバターを控えめにしても風味が豊かになります。

ダイエット中のおやつとして、レーズンや枸杞子などのドライフルーツを選ぶことも、ダイエットのために役立ちます。レーズンは調理しなくても食べることができますが、豊富な食物繊維が含まれています。枸杞子にはビタミンやミネラルも多いため、胃腸の調子を整えるためにも便利です。