ダイエットに失敗する女性

ダイエットはなかなか続かないですよね。私自信もダイエットしようと決めるのですが、なかなかうまく行きません。最近では本やテレビなどで話題となっている「腸活」というダイエットがイイらしいと聞いたので調べてみました。

手軽にできる腸活ダイエット

腸は食事などで取り込んだ栄養分を吸収し、排泄へと向かうための途中の器官です。消化するだけと思われていますが、実は「第二の脳」とも呼ばれ、美容や体型を綺麗に保つ上で重要な働きをする場所でもあるのです。つまり、ダイエットは腸と密接に結びついていると言っても言えなくありません。太っている人の腸内細菌は多様性に乏しく、偏りがあると言われています。そのために栄養を吸収するバランスが悪く、肥満に陥ってしまうのです。また、太っている人に多い腸内細菌は肉を好むため、肉の多い食事は太る菌を活性化させてしまいます。ただし、食生活や生活習慣で改善することによって、腸内細菌を変えることは可能です。早い話が痩せやすい体質を「腸活」で作ることが出来るのです。無理なくできる「腸活」には、どんなものがあるでしょうか。まず、腸を動かすためにウォーキングなどの有酸素運動をしたり、腰を回したり、ウエストをひねるストレッチを短時間でもよいので取り入れます。そして、ヨーグルトや、納豆、味噌、キムチ、漬物、チーズなどの発酵食品を積極的に摂りましょう。また、その際にオリゴ糖を一緒にとるとさらに効果的です。オリゴ糖はサプリメントのほかに野菜や大豆にも含まれているのでうまく組み合わせましょう。また、毎朝の習慣にしたいのが、朝起きたら、コップ一杯の常温の水を飲むことです。水が胃の中に入るとその重みで腸を刺激します。そうすると腸の運動が活発になり、腸内に溜まった食べかすを運んで体外に排出する手伝いをしてくれます。要するに、お通じをスムーズにすることが出来るのです。腸は単なる消化器官ではなく、ほかの臓器にも働きかけ、代謝を活発にしてくれるのです。

腸を活発にすることでダイエットや美肌効果も

便秘や下痢などの腸内環境の悪化に悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。腸内環境の悪化は放置しておくと慢性化してしまいますので早めの対策が必要です。腸内環境の悪化は便秘や下痢だけではなく、免疫力や代謝の低下や肌荒れや口臭や体臭の原因にもなってしまいます。腸内環境が改善されれば免疫力や代謝もアップしてダイエット効果や美肌効果にもつながります。健康と美容のためには腸を健やかに保つことが重要になります。腸内環境を改善させるためには、食事と運動がカギとなります。食事で摂取すべきものといえばヨーグルトなどに含まれる乳酸菌と野菜や果物やシリアルや大豆製品などに含まれる食物繊維です。乳酸菌には悪玉菌を減少させて善玉菌を増加させる作用があり腸内環境のバランスを整えてくれる効果があります。食物繊維は消化されずに腸まで届き腸内で水分を吸収して便の量を増やす作用があります。そのことにより腸の蠕動運動を活発にさせてスムーズな排便を促す効果があります。水分があることで効果を発揮するので、食物繊維と一緒に水をたくさん飲むのがおすすめです。運動は、腹筋や体操などの腸に刺激を与えるものがおすすめです。腹筋が増加することで排便を促す力もアップします。外側からのアプローチとして腸に刺激を与えるマッサージをするのも効果的です。床に寝そべった状態で大腸の形にそって刺激を与えましょう。即効性が期待できます。このように腸を活発にさせる食事や運動を行うことで腸内環境は改善されて美肌に導くことができますし、代謝がアップされて痩せやすい体になりダイエットの効率化にもつながります。免疫力も高くなるので細菌やウイルスなどにも負けない強い体をつくることもできます。

ダイエットは楽しくなければ続かない

ダイエットは、楽しくなければ絶対に続きません。そもそも人間は楽しいことに対してしか、興味が続きないように脳ができています。なので、楽しめない辛いダイエットは、やり遂げられる確率が低くなってしまいます。摂食障害に陥る人は頑張り屋が多く、間違ったダイエットまで続けられる意志を持っていますが、これは問題があります。ダイエットはそもそも健康のために行うものですし、苦しんで行うのは精神を蝕む原因になります。楽しめるダイエットの方法として、無理な食事制限は行わない、体つくりのために運動をする、誰かと一緒にする、ということを意識すると良いです。まず、食事制限は辛いダイエットにする一番の原因になります。食べたいものを我慢して、あまり好きではない低カロリーのものだけ食べるのでは、脳はいずれ限界を感じてしまいます。脳が欲求不満に陥ると、食べたい気持ちが爆発してどか食いしてリバウンドしてしまう可能性も高いです。運動に関しては、プラスのイメージで行うことが大切です。痩せるために行うというよりも、筋肉を落とさないようにして、体のラインを作ることを目的とした運動がオススメです。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は一時的に体を酸欠状態にして脂肪燃焼を促します。そのほか、筋肉トレーニングは筋肉の衰えを防ぎ、太りにくい体つくりに貢献してくれます。そして最後に、一人で行わずに誰かと一緒にやると良いです。一人で続けるダイエットは気持ちの上でも孤独ですが、ほかの人も頑張っていると思うと、競い合う気持ちが生まれて継続しやすくなります。身近な人を誘ったり、ネットのSNS上で繋がりあった仲間と一緒に取り組むと良いでしょう。